暑中見舞い印刷 かもめーる印刷 暑中見舞いはがき屋さん |暑中見舞い印刷・残暑見舞いはがきを印刷するなら暑中見舞いはがき屋さんへ|暑中見舞い 印刷・残暑見舞いはがきを激安価格で印刷するなら 暑中見舞い はがき屋さん

データ入稿印刷

京都で暑中見舞い 印刷・残暑見舞いはがきを制作「暑中見舞いはがき屋さん」お客様がお作りになられたデザインを安価で印刷いたします!

京都で暑中見舞い 印刷・残暑見舞いはがきを制作「暑中見舞いはがき屋さん」デザインデータをお持ちの場合に便利な制作タイプです。
京都で暑中見舞い 印刷・残暑見舞いはがきを制作「暑中見舞いはがき屋さん」ご注文フォームはこちら

データ入稿に関するご注意!

京都で暑中見舞い 印刷・残暑見舞いはがきを制作「暑中見舞いはがき屋さん」ポストカードテンプレート

※PDF、またはAdobe Illustrator(拡張子:ai・アウトライン済)の形式で、断ち切り位置を含んだデータでご入稿ください。
※コチラでAdobe Illustratorのテンプレートをご用意しております、ダウンロードしてご利用ください。

その他の形式での入稿をご希望の場合は一度お問い合わせください。

ドキュメントサイズ

フチなし印刷 154mm×106mm(仕上がりサイズ148mm×100mmの上下左右に3mm追加)
フチあり印刷 142mm×94mm(仕上がりサイズ148mm×100mmの上下左右に3mm余白)

※仕上りサイズは148mm×100mmになります。

暑中見舞い 印刷はがきのご依頼時は必ずこのサイズでご入稿ください。
ご入稿サイズが違う場合はお客様ご自身でリサイズしていただき、再入稿していただくことになります。

暑中見舞い 印刷はがきをご依頼のデータについては、いずれもトンボつきでご入稿ください。

【トンボとは】
仕上がりサイズに断裁する際に見当合わせのため、版下の天地・左右の中央と四隅などに付ける目印。

フチなし印刷について【私製はがきのみ】

暑中見舞い 印刷はがきはトンボ付き塗り足しあり154mm×106mm(仕上がりサイズの上下左右に3mm追加)でのPDFデータでの入稿を推奨しております。
※塗り足しは必ずご対応願います。
※暑中見舞い 印刷用 官製はがき(かもめ?る)はフチなし印刷の対応ができません。

【塗り足しとは】
絵柄を仕上がり線ぎりぎりにレイアウトすると、断裁時の誤差などで紙の周囲に白地が発生する場合があります。
これを防ぐために、絵柄は3mm程度はみ出させて作る必要があります。はみ出させた部分を塗り足しといいます。
※トンボ、塗り足し、断ち切り位置に関する制作ガイドラインはこちら。

フチあり印刷について【私製はがき・官製はがき(かもめ?る)】

フチあり印刷は各辺の端から3mmは印刷されませんので、142mm×94mm(仕上がりサイズの上下左右に3mm余白)のPDFデータでの入稿を推奨しております。

フォントについて

文字化け等の原因となりますので、フォントは必ず埋め込んでいただくか、アウトラインにしてPDFデータを作成してください。

オーバープリントについて

オーバープリント設定は、印刷出力の際予期せぬトラブルの原因となります。
トラブル防止のため、Illustratorの「属性」パレットの設定で、オーバープリントのチェックは外してください。
詳しい説明はこちら。

宛名面について

暑中見舞い 印刷はがきの私製はがきをご選択で宛名面のご入稿がない場合は、以下サンプルを使用いたします。 別デザインの制作をご希望の場合は別途見積いたしますのでお申し付けください。

京都で暑中見舞い 印刷・残暑見舞いはがきを制作「暑中見舞いはがき屋さん」宛名面サンプルを見る
京都で暑中見舞い 印刷・残暑見舞いはがきを制作「暑中見舞いはがき屋さん」データ入稿 印刷の流れ はこちら京都で暑中見舞い 印刷・残暑見舞いはがきを制作「暑中見舞いはがき屋さん」データ入稿 印刷料金表 はこちら
京都で暑中見舞い 印刷・残暑見舞いはがきを制作「暑中見舞いはがき屋さん」ご注文フォームはこちら